腸内環境とラクトフェリン|ラクトフェリンってどう?

腸内環境とラクトフェリンについて

人間の身体の中で、腸は大事な器官といわれています。でも、腸に対して何かしていることってありますか?健康にも美容にも、腸を変えることでいい変化が現れるのです。ラクトフェリンは腸内環境を整えるための効果が期待されています。

 

ラクトフェリンが腸内細菌バランスを整える

腸内には、細菌が生息しています。役割として大きく3つに分けることができるのですが、人間にとっていい働きをするのが善玉菌、悪い働きをするのは悪玉菌、そして中間の立場を取っているのが日和見菌、と覚えておくとわかりやすいでしょう。それぞれのバランスがしっかり整っている状態が、理想の腸内細菌バランスです。善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割を目指しましょう。
この割合が崩れて、例えば悪玉菌が2割で善玉菌が1割という腸内環境になると、悪玉菌が優位になります。優位になった細菌の味方をするのが日和見菌なので、より腸内環境は悪化してしまうでしょう。
ラクトフェリンは、善玉菌を増やす役割と悪玉菌を減らす役割が期待されています。ラクトフェリンは鉄分を吸収するので、鉄分を必要とする悪玉菌が増殖できず、減っていくのです。悪玉菌が増えない反面、善玉菌が増えていくので、腸内環境が整っていくでしょう。

 

便秘解消で腸内がスッキリ

便秘が続いている状態は辛いですよね。便秘によって溜まってしまった便が、腸内環境も悪化させていきます。その結果より排出しづらくなって便秘が続く…という悪いサイクルが訪れてしまうのです。
ラクトフェリンにはデトックス効果があり、腸内細菌のバランスを整えて便秘解消を促してくれる、と期待されています。便秘が解消すると腸も元気になりやすし、余計なことを溜めこまない強い腸を手に入れることができます。

 

栄養が吸収しやすいから健康的

腸内環境を整えることで得られる効果は、便秘解消だけではありません。栄養が吸収しやすくなるのです。腸は胃で消化した食べ物の栄養を吸収して全身へ運ぶ役目があります。でも、元気がなくて便秘の腸内では、せっかくの栄養も吸収が悪くなるでしょう。
スッキリして元気な腸内なら、入ってきた栄養素をしっかり吸収して全身に運べます。健康になるためには、必要な栄養素をちゃんと体内に取りこむことが大事です。どれだけ栄養バランスに気を付けて食事をしていても、腸内で吸収してもらえなければ意味がありません。
ラクトフェリンで腸内環境を整えれば、栄養バランスも整えることができます。