ラクトフェリンを摂取するタイミング・方法|ラクトフェリンってどう?

ラクトフェリンを摂取するタイミングと方法

ラクトフェリンサプリメントを摂取するときに、どのように摂取するか、そしてどのタイミングで摂取するかはとても大切です。ラクトフェリンサプリメントの摂取について、タイミングや摂取量などをご紹介します。

 

胃酸が薄いタイミングを狙おう

ラクトフェリンは胃酸に弱い性質を持った成分です。そのため、胃酸が活発に活動しているタイミングで飲むと、胃酸に飲み込まれて効果を十分に発揮できない恐れがあります。そのため、胃酸でダメージを受けにくいようなタイミングがいいでしょう。サプリメントも胃酸で溶けないように工夫されてはいるのですが、それでもやはり心配ですよね。
胃酸が少ないタイミングは、食事の間です。食事の前も胃酸はそれほど活発ではありませんが、場合によっては胃酸がすでに増えようと準備していて、食事を待っている可能性があります。では食後はどうかというと、入ってきた食事を消化しようと頑張ってしまうので、胃酸がとても増えていてラクトフェリンも胃酸でダメージを受けやすいです。
食事の間であれば、消化をし終えて胃酸の分泌も落ち着きますし、まだ次の食事を受け入れる準備をしていない時期なので胃酸が一番薄まっていて分泌されにくい時間です。そのタイミングを狙って摂取してみましょう。

 

摂取量は推奨量

1日にどれぐらいのラクトフェリンを摂取したほうがいいのか…目安は推奨量です。サプリメントにはそれぞれ推奨量が記載されています。1日にどれぐらい必要かを計算した上で、目安となる量となっているのです。過剰摂取しすぎも副作用の恐れがありますし、少なすぎてもラクトフェリンの効果が期待できません。適度な量を継続して摂取しましょう。たくさん飲んでもその分効果が高まるわけではありませんので、必ず推奨量を目安にしてください。

 

必ず水で飲む

摂取するときは、お茶やジュースではなく、水で飲むようにしましょう。あくまで水は流し込むための手助けをするものです。お茶やジュースでもいいのでは…と思うかもしれませんが、飲み物にはいろいろな成分が配合されています。他の成分の影響をラクトフェリンが受けてしまう恐れがあります。ひどい場合、不調を招くかもしれません。水なら何の影響もないので安心です。
これはラクトフェリンサプリメントだけではなく、他のサプリメントでも、また医薬品でも同じです。摂取するサプリメントや医薬品の効果をしっかりと発揮させるためにも、必ず水で飲んでくださいね。