ラクトフェリンはどう摂取する?|ラクトフェリンってどう?

ラクトフェリンはどう摂取する?

栄養成分を補う方法として、最初に思いつくのはやはり食事です。食事をおいしく楽しみながら栄養成分も補えればいいですよね。ラクトフェリンも、できれば食事から摂取したい、と考えている人も多いのではないでしょうか。ではラクトフェリンはどんな食品に含まれているのか、ご紹介します。

 

ラクトフェリンが含まれる食べ物

ラクトフェリンは、母乳に多く含まれている成分です。牛の母乳にももちろん含まれているため、乳製品にラクトフェリンは豊富、と考えられます。ただし、本当に乳製品に含まれているのかというと、実はラクトフェリンは含まれず販売されていることが多いです。それはどうしてかというと、ラクトフェリンは製品化する際に死滅してしまうからです。
牧場で搾りたてのものを飲む場合はラクトフェリンもそのまま含まれていますが、牛乳や乳製品として販売するためには、熱を加えて殺菌処理をおこないます。その過程でデリケートなラクトフェリンはなくなってしまうのです。乳製品をたくさん摂取しても、実際にはラクトフェリンが摂取できていない、ということになります。

 

ラクトフェリンを食品で摂取したいなら…

ラクトフェリンをどうしても食品で摂取したい、という場合は、ラクトフェリンを後から配合している製品を選びましょう。乳製品として製造される過程で失われてしまうラクトフェリンですが、製造を終えてから特殊な方法でラクトフェリンを配合しています。ラクトフェリンの大量生産が可能になった今だからこそ、できる方法です。

 

やっぱりサプリメントが楽

ラクトフェリンを食品から摂取しようと思うと、配合されている乳製品を見つけなくてはいけないので大変です。また胃酸でダメージを受けてしまう恐れもあるため、気軽に摂取するならサプリメントがおすすめです。サプリメントなら特殊な加工で腸まで届けるように作られているので、胃酸でダメージを受けてしまう心配もありません。
いつでも好きな時間に、そして食品を探す手間もなく摂取できるのはサプリメントのメリットです。食品から摂取できるのが一番ですが、摂取しにくい栄養成分であるラクトフェリンは、サプリメントに頼ってみてはどうでしょうか。食品で摂取するかサプリメントで摂取するか、迷ってしまいますよね。どの方法が一番自分に合っているか、そして効果を期待できるかを考えてみましょう。
ラクトフェリンがしっかり働いてくれると、免疫力アップやアンチエイジングなど、様々な効果が期待できます。