乳酸菌とラクトフェリン|ラクトフェリンってどう?

乳酸菌とラクトフェリンについて

ラクトフェリンと働きが似ている、といわれているのが乳酸菌です。共通点も多いため、ラクトフェリン=乳酸菌と思っている人もいますが、実際は別物です。ラクトフェリンと乳酸菌にはどのような違いがあるでしょうか。腸内環境を整えたい、と思ったらどちらを摂取したほうがいいのでしょうか?

 

ラクトフェリンと乳酸菌の共通点

ラクトフェリンと乳酸菌は、腸内環境を整える効果が期待できる、というのが共通点です。また乳製品に多く含まれるというのも同じです。腸内環境を整えることができるので、最終的には同じような役割として考えられるかもしれませんが、どうやって腸内環境を整えるのか、その働きかけはラクトフェリンと乳酸菌、それぞれに特徴があります。
他にも、アレルギー症状の緩和に役立つ、免疫力を高める期待ができるなど、改善できる症状が似ています。

 

ラクトフェリンと乳酸菌の違い

ラクトフェリンは糖たんぱく質の一種ですが、乳酸菌は細菌の一種です。乳酸菌は自ら増殖する力を持っています。食品の発酵などにも乳酸菌は使われています。反対に、ラクトフェリンには増殖する力はありません。元々性質が違うのです。
またお互い体内に存在しているものでありながら、存在している場所が違います。乳酸菌は主に腸内で存在し活動をしています。ラクトフェリンは、全身のあらゆるところに存在しているのです。

 

相乗効果でパワーアップ

似ているところがありながら、全く違う性質を持ったラクトフェリンと乳酸菌です。しかし、2つを同時に摂取することで相乗効果を期待することができるでしょう。ラクトフェリンは腸内の乳酸菌を活発に活動させる働きがあります。そして鉄と結びつく性質を持っているため、悪玉菌が増殖に必要とする鉄を奪います。鉄がないと悪玉菌が増殖できなくなるので、善玉菌が活発に活動できる腸内になるでしょう。乳酸菌が善玉菌を増殖させやすいような状態にしてくれるのが、ラクトフェリンなのです。
その結果として、腸内によりよい効果が期待できるでしょう。似ているような効果がある成分同士こそ、摂取の仕方次第でかなりの相乗効果が期待できます。お互いの効果を高め合える関係なのです。ラクトフェリンと乳酸菌で腸内環境を整えるために、同時摂取がおすすめです。
ただし摂取しすぎには気を付けましょう。相乗効果が期待できるとはいえ、摂取しすぎるとお腹をくだすなど…副作用も考えられます。適量を摂取して腸の為に役立ててください。