ラクトフェリンで起こる副作用|ラクトフェリンってどう?

ラクトフェリンで起こる副作用について

健康のためにも、そして美容のためにも摂取しておきたいラクトフェリンですが、気になるのは副作用です。ラクトフェリンを飲んだことでどのような副作用が考えられるのか、ご紹介します。

 

ラクトフェリンで考えられる副作用

ラクトフェリンを摂取したことによって考えられる副作用ですが、安心・安全がラクトフェリンの特徴なので、特に目立った副作用はありません。アメリカでは、2001年にはGRASとして認められており、きちんと安心・安全が証明されているのです。
ただし、一つだけ気を付けてほしいのは乳製品アレルギーの人です。母乳に含まれている成分であるため、サプリメントになっていても乳製品アレルギーの症状を引き起こす恐れがあります。サプリメントによって違いはありますが、アレルギーの人は必ず事前に医師に相談するなど、アレルギー症状に気を付けて摂取してください。

 

過剰摂取による副作用

ラクトフェリンは100r以上、300r未満が摂取量の目安で、サプリメントよって1日の推奨量は異なります。間をとって200rぐらいは摂取できるといいですし、この数値以内の摂取を心掛けましょう。これ以上摂取しても、効果が高まるというわけではありません。反対に過剰摂取によって起こる副作用が考えられます。一番起こりやすい変化は、お腹の不調ですね。腸に働きかけるラクトフェリンですが、過剰摂取で量が増えすぎてしまうと腸はびっくりして不調を招いてしまうのです。

 

サプリメントによって起こる副作用

ラクトフェリン自体は安心で安全な成分でも、サプリメントに配合されている他の成分が安心・安全かどうかはわかりません。中にはあまり好ましくない成分がはいっているかもしれません。もしくは自分がアレルギー症状を起こす他の成分も考えられます。乳製品アレルギーではないから…と摂取して、それ以外の成分にアレルギーがあったら、症状が出てしまいます。
またサプリメントなので、製造するときに使われている添加物も心配ですよね。添加物がゼロというわけにはいかないと思いますが、添加物にも質があります。質の悪い添加物を使っていた場合、それをサプリメントとしてたくさん摂取しすぎると副作用を起こす恐れがあるのです。
もちろん、まずは質の悪いサプリメントを選ばないことが大前提なのですが、それらを考えた上でサプリメントの販売元や製造元が推奨量を記載しているので、やはり推奨量を守るのは副作用を防ぐ意味でも大切です。